経歴詳細

「プロフィール」

  • 氏名:城谷 歩(しろたに わたる) 本名
  • 生年月日:19802月16日
  • 年齢:38
  • 星座:みずがめ座
  • 血液型:B
  • 身長:169㎝
  • 体重:63㎏
  • 足サイズ:25㎝
  • スリーサイズ:B 88㎝ W 69㎝ H 89㎝
  • 好きな食べ物:和食
  • 髪色・髪型:黒・6:4分け
  • 瞳の色:こげ茶
  • 趣味:妄想・雑記・散歩

「経歴」

15歳で舞台演劇の世界に入り役者として活動を始める。17歳の時、高校生を中心とした演劇ユニット「TheaterUnittドリームシンドローム」(現在は解散)の立ち上げに即し中心メンバーの一人として初の脚本・演出を手掛けた。
1998年北海学園大学入学後、二部演劇同好会「すなめり」(現在は終会)に入会。同時に、同会代表の清水友陽氏率いる清水企画(現在の劇団清水企画の前身となる演劇集団)に入団、本格的に舞台俳優を志す。役者として活動しながら20歳で自身が主宰を務める劇団深想逢嘘(うたたね)を発足、2000年の旗揚げ公演から2011年に無期限休止を公表するまですべての公演で脚本・演出・出演を果たす。
更にFM小樽の番組でラジオレポーターを務めたり、テレビCMに出演したり舞台以外の仕事にも精力的に取り組むようになる。舞台については外部団体、作品へのゲスト出演も多く児童劇、新劇、小劇場、アンダーグラウンド、シェークスピア、歌劇、バレエなど1998年~2013年までに既成・新作・劇派問わず、およそ180作品余の舞台に出演。2009年には日本演出者協会が主催する若手演出家コンクールにて応募総数全国99劇団の中からベスト4入りを果たし優秀賞受賞。この間カルチャースクールで小学生から大人までを対象にした「演劇講座」の講師を4年間勤めている。また趣味で描いていたイラストや、似顔絵などが好評で知人の紹介などから実演販売やポストカード、ウェディングボードなど仕事として依頼を受けるようになった。
2011年、主宰していた劇団の無期限休止に伴い、演劇活動のペースを緩め、翌2012年1月札幌市薄野に全国初で開店したばかりの怪談ライブバースリラーナイトに怪談師として入店。もともとは「怪談師」ではなく「怪談話屋」を名乗っていたが、お客様に何者かわかりづらいという理由からデビュー半年後に現在の着物姿になり「怪談師」を名乗るようになった。自身で幼少期から不思議体験を多く持っていたため当初は自分の体験ばかりを語っていたが、連日のステージを重ねるうちお客様からのお話や関係者から様々なエピソードを聞く機会が増え、日々ネタは増え続けている。舞台で培った発声・表現法を礎に落語や講談、弁士の語りを独学我流に参考、研究し、独特な「城谷節」を確立。甘い声とノスタルジックな独特な話法で好評を博す。老若男女誰しもが楽しめる怪談語りを目指して日夜修行に励む。2014年5月同六本木店のオープンに際して上京。現在、弟子が三人。メディアへの出演や独演会の開催、怪談本やDVDをリリースするなど活躍の場を広げた。
2017年12月末日をもって怪談ライブバーを退き、更なる前進と決意を胸にフリーランスとなる。
以降神田のレンタルスペースでの口演会や、銀座での座会など定期的に独演会を主催し新たな取り組みに全力を注いでいる。

「メディア出演」

テレビCM

・ベル食品 華味の素
・北湯沢名水亭
・NTT docomo
・石屋製菓 白い恋人
・日本ハム
・北海道銀行ラピッドなど

ラジオ

・佐々木智子のブランニューアフターヌーン レポーター

テレビ出演

・意匠の達人
・所さんの目がテン
・閉店ガラガラにはまだ早い
・大人養成所バナナスクール
・声優男子ですが…?
・KawaiiTV
・Rの法則
・柴田亜弥の金曜TheNight
・妖ばなし「飛頭蛮」
・怪談のシーハナ聞かせてよ。
・すイえンサー

他多数

「本」

・恐怖怪談「呪ノ宴」(竹書房)単著
・怪談師恐ろし噺「裂け目」(竹書房)単著

「DVD」

・怪奇蒐集者(楽創舎)
・怪奇蒐集者六本木怪談「呪」「祟」(楽創舎)
・怪奇蒐集者暗黒死華集Ⅳ(楽創舎)

「配信」

・DigigiAudiobook「城谷怪談」